交通事故でもしっかり対応できる弁護士とは

交通事故にあった時に丁寧に対応してくれる弁護士とは

交通事故にあった時自分に合った弁護士をみつける方法とは

交通事故の被害者になると、それ

Blog

交通事故の被害者になると、それ以降関わる各所で冷遇されるのが一般的です。味方になってくれるのは、自分が依頼した弁護士だけです。弁護士と言ってもいろいろですから、自分の唯一の味方として、全面的に頼っていける弁護士を探すことが大事です。決めるにあたっては、二つの要素が大事です。ひとつは交通事故専門の弁護士であること、もうひとつは自分の置かれた状況に同情し、共感してくれる弁護士であることです。交通事故に遭うと、示談までは長い道のりとなります。その日々を、くじけることなくまっとうして行くには、その二つの要素は不可欠です。交通事故の被害者は各場面で冷遇されますから、次から次へと難題が降りかかるものです。重傷の交通事故被害者の3割は精神疾患を発症します。心理的な支えも必要です。

交通事故被害者側に立つ弁護士を

 交通事故の弁護士には、加害者側に立つ弁護士と、被害者側にたつ弁護士がいます。損害保険会社の顧問をしているような弁護士は、知識経験がとてつもなく豊富で、裁判の場ではたいへんな力量を発揮するでしょう。それと対等に渡り合えるほどの弁護士というのは、常日頃から交通事故被害者の弁護を専門に担っている先生に他なりません。任意保険会社側の手法を知り尽くしているため、非常に頼りになる存在です。弁護士といってもいろいろで、あまり交通事故を扱ったことのない場合は、任意保険会社側との交渉に、多くを期待できない面があります。交通事故というのは非常に専門性が高く、知識と経験が不可欠な分野です。片手間で、または急につけた知識で、どうにかなるものではありません。弁護士は常にいくつもの案件をかかえているという事情もあります。

被害者に共感してくれる事務所を

 現在は、インターネットで検索すると、交通事故専門の法律事務所がいくつも見つかります。相談料、着手金ともにゼロとしている事務所も少なくありません。まず、そうした事務所に電話して、無料相談を受けてみましょう。話した感触で、味方になってくれる、と強く感じられた弁護士に依頼するのも良い方法です。示談までは長い時間がかかります。交通事故の加害者に甘く、被害者が冷遇される状況の中で、弁護士だけを頼りに気を張っていかなければなりません。自分の境遇をわかってくれている、と感じられる味方であることが大事です。重傷を負った交通事故被害者の3割は、うつ病やPTSDを発症します。精神疾患を患って当然の状況の中で、気持ちを強く持ち続けるのは並大抵のことではありませんから。

治療中の方についても、後遺障害等級や賠償額の見込みを丁寧にご説明し、後遺障害等級申請も行います。 関東近県以外の都道府県も出張対応いたします。 弁護士費用は後払いでかつ明確な基準、受傷直後の被害者の方、後遺症認定前の被害者の方にも対応いたします。 交通事故被害者の後遺障害等級申請サポートあり、交通事故事案の示談交渉、賠償請求、訴訟を行います。 交通事故の弁護士が解決までサポートします